全商連だより
2020年1月号
Magazine

PDFで確認する

 

謹んで新年のお慶びを申し上げます
本年も変わらぬお引き立ての程宜しくお願い申し上げます

明けましておめでとうございます。
組合員の皆様に於かれましては、輝かしい新春をお迎えのこととお慶び申し上げます。
また、平素よりの組合事業へのご理解、ご協力に対しまして深く感謝申し上げます。

昨年は、平成から令和へ元号が変わり新しい時代が始まりました。
「令和」には、「人々が美しく心を寄せ合う中で文化が生まれ育つ」という意味が込められているそうです。豊かな文化があふれる平和でよい時代になってほしいと思います。
そういった中、全国で地震や大雨・台風などの災害が多く発生した年でもございました。被災された方々には、改めて心よりお見舞申し上げます。

そして、すばらしい感動を覚えた出来事もございました。ラグビーワールドカップ日本大会です。日本代表チームが「ONE TEAM」のスローガンを掲げて大活躍し、私たちに勇気と感動を与えてくれました。
本年はいよいよ東京オリンピック・パラリンピックが開催されます。この大会を目指して日本中が準備してきたことが花開くことでしょう。

全国商工事業協同組合連合会(全商連)及び加盟組合では、ETCカード事業で請求書Webサービスの標準化を実施しました。すべての組合員様の請求書を電子化し、インターネットを通じてダウンロードしていただけることで、ペーパーレスによるエコ活動や、組合員様の業務の省力化に貢献しました。また、全商連及び加盟組合のホームページをリニューアルし、見やすく使いやすいホームページに生まれ変わりました。サポートツールなどの充実により組合員様の利用が増え、新規組合員様の増加にも繋がっています。
また、昨年の4月には天然水コスモウォーターの組合員様特別優待プランでのご提供、福利厚生サービスとして10IDを無料配布させていただいている「全商連クラブオフ」のサービス強化版として「福利厚生倶楽部」の販売を開始しました。多くの組合員様にお喜びいただき、ご利用者数も大きく増加しました。

昨年10月には消費税が10%に増税され、本年も中小企業にとって、まだまだ厳しい経済情勢が続くと予想されますが、相互扶助の精神のもと、全商連及び加盟組合が「ONE TEAM」となり、スケールメリットを活かしたサービスや共同購買、社会情勢の変化に柔軟に対応した新たな事業に挑戦し続け、より魅力的な組合運営を目指します。
組合員の皆様の事業の発展に貢献できる体制を整えていけるよう全商連及び加盟組合役職員が一丸となって取り組んでまいりますので、より一層のご支援、お引き立てを賜りますようお願い申し上げます。

皆様のご健康とご多幸をお祈りし、新年のご挨拶とさせていただきます。

 

全国商工事業協同組合連合会  
代表理事 髙井 利夫  

 

大口・多頻度割引 2021年3月まで延長予定

国土交通省の2019年度補正予算が12月13日に閣議決定されました。
平常時、災害時問わず物流機能を担う自動車運送事業者に対し、物流コストを低減し、経営体質の強化により生産性向上を図るため、高速道路料金の大口・多頻度割引の最大割引率を40%から50%に拡充する措置(ETC2.0車載器搭載車両に限る)を、1年延長の2021年3月末までとし、予算額は78億4900万円としています。

料金所前での駐停車に関して

ETC時間帯割引の適用時間前に料金所付近に到着した車両が、割引きの適用を受けるために駐停車する事案が発生しております。料金所付近での駐停車をすることにより渋滞が発生し、多くの一般車両も巻き込まれ交通事故の危険性も非常に高くなります。また、高速道路上では道路交通法により駐停車禁止となっており、道路交通法違反の罰則対象になります。
高速道路をご利用になる前にあらかじめ出発時刻を調整していただくか、サービスエリア・パーキングエリアなどの休憩施設をご利用下さい。
なお、違反が行われた場合、ETCコーポレートカード利用約款に基づく措置を適用される場合があります。

 

今月のプレゼント

ご応募はこちら

詳細はこちら