ごあいさつ

全国商工事業協同組合連合会は、相互扶助を目的として全国28事業協同組合が結集した団体であり、私どもは、全商連と名乗っております。

2008年のリーマンショック以降、日本経済は低迷をし、奪回の糸口が見えないまま多くの中小企業が倒産する事態が続いておりました。私どもの所属員の多くは運送業を営む中小企業が多く、この窮地を奪回すべく全国商工事業協同組合連合会を設立致しました。

現在は、アベノミクスの効果により緩やかな回復基調が続いておりますが、まだまだ中小企業まではその影響が形として表れていないのが現状です。

全商連加盟組合では、全ての組合がETC高速道路割引サービスを主体事業としておりますが、それ以外にも燃料カード、外国人技能実習生受入のほか、天然水、少額短期保険など他組合では出来ない全商連独自のサービスを会員組合、所属員様にご提供し、大変喜ばれております。

このご時世の中ではございますが、今後も皆様に喜ばれるサービスを考え、皆様にとって必要とされる団体を目指して参りますので宜しくお願い申しあげます。